最新の腰痛の考え方

467563
肩こり・首こり・腰痛など、ほぼ現代病とも言われるようなものですが、
なかなか完治に至ることがありません。
整体・鍼灸・接骨などの医療代替行為でも、そのときは少し緩和されても、2~3日経過すると痛みが元に戻るってことも少なくありません。
最新の研究では、腰痛というくくりの中でも、骨折や腫瘍などの重篤な腰痛(腰痛自体が関連通になる場合、痛みの原因は特定されているという事)
そうでない腰痛とに分かれたとき(痛みの原因が特定しにくい腰痛)にストレスからくる腰痛もあることが最近分ってきたみたいです。
元々人間の体には自己治癒力が備わっているので、痛みが出るとその痛みを和らげようとするシステムが機能するはずなのに、ストレスからその機能が上手く作動せずに、いつまで経っても痛みが取れないことがあるということです。
最近は運動不足な方も多いので、安静にしすぎてかえって筋肉量が低下して悪化するという悪循環を繰り返す事もあるので、逆に適度に動かしている方が腰が早く治ることも大いにあります。
ただ、椅子に腰掛ける時やソファなどに横になるとき、または就寝中など、長時間同じ姿勢を伴う可能性のある物についてはなるべく腰に負担の掛かりにくいものにかえるか、座り方を気をつけたほうが良いと思います。
モットンなどは腰痛の人のために考えられたマットレスですから、上手に取り入れるといいかもしれません。

保存

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です